ノコギリ屋根の工房で家具作りの日々

ここ一宮は織物が盛んな街・・・でした。 今はその名残を残すノコギリ屋根の古い建物があちらこちらに残っています。 その建物に魅せられてとうとう自分の工房を作ってしまいました。 さてその中ではどんな物語が・・・・・

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トチの座卓

トチの座卓が完成しました。
オイルで仕上げた天板はトチ特有の光沢があり、
予想通りでした。

zataku01a.jpg

耳の部分に若干青が入っているものの、
これがお値打ちに(ナイショです)
購入した材料とは到底思えません。
お客さんにも喜んでいただける事でしょう。

次は同じお客さんからオーダーいただいている
ケヤキ一枚板のダイニングテーブルの製作に入ります。
こちらは70mmの極厚で長さも2200mmと長く、
一人で加工するにはちょっとキビシイので、
加工はいつもの伊藤木工さん(岐阜県瑞穂市)に
お願いする予定です。
今日から脚の木作りに入りましたが、
進捗については後日紹介いたします。

昨年から名古屋のショップからのご依頼で、
アンティークオルゴールケースのリメイクの
仕事を少しやりはじめました。
とはいっても、リメイクは再塗装がメインなので
僕の仕事はというと象眼が抜けているところを嵌め込んだり、
割れ、欠けの部分を修復するなどで、
塗装は知り合いから紹介してもらった、
名古屋の塗装屋さんにお願いしています。

しかしプロの塗装屋さんはさすがですね~
(この人は特にすごいのかもしれません)
ひび割れ状態の塗装表面を全部はがして
再塗装するんですが、新品状態になるんです。
あたりまえかもしれませんが、
塗装前の状態が分かっているだけになおさら感激です。
今日現品をショップの社長にお見せしたところ
ものすごく喜んでいただきました。
こちらも仕事を受けた手前不安がありましたが、
一安心です。

明日から金具の取り付けに入ります。
キズを付けないように気を付けなければ・・・



トラックバック

http://kagutrunk.blog17.fc2.com/tb.php/255-f68b39ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

トランクの主

Author:トランクの主
家具工房トランクの主宰者です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。