ノコギリ屋根の工房で家具作りの日々

ここ一宮は織物が盛んな街・・・でした。 今はその名残を残すノコギリ屋根の古い建物があちらこちらに残っています。 その建物に魅せられてとうとう自分の工房を作ってしまいました。 さてその中ではどんな物語が・・・・・

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンチ完成!

連日の残業の甲斐もあって、ベンチが完成しました!
本日めでたくお客さんのご自宅に発送することができ、
ようやく肩の荷が降りた心境になり、ブログを書いてます。

ベンチは昨年作ったウォールナットのベンチと
まったく同一サイズ(W1400mm)で、
今回はお客さんのご要望で
タモ材で製作させていただきました。

20091113a.jpg

このベンチで一番大変なのはフレーム状の座面作りと
座面の組み立てであるが、今回は以外に組み立てが
スムーズにできました。

20091112a.jpg

フレーム状の座面は、本体にダボで固定しているが
今回はダボ穴を大きめに空けて、組み立てを楽にした上で
発泡性のポリウレタングルー(タイトボンド製)で接着したが、
これが大正解!
大き目のダボ穴も接着剤が発泡することによって、強固に
早く接着することができました。

ちょっと高価な接着材ではあるが、作業効率と信頼性を
考えればお奨めの一品である。
ただし気を付けなければならないことが一つ、
接着剤が発泡するので、写真のようにクランプでしばらく(20分程度)
押えておかないと、接着剤の発泡力によって部材が浮いて
しまうのでご用心あれ。

で、今日は一日材料の皮剥きと整理に明け暮れていました。
忙しくて皮を付けたまま2,3ヶ月桟積みしてあった、
タモとサクラの生材であるが、特にサクラ材は
夜になるとガリ、ガリと虫が材料をかじる音がしていたので、
気になっていたんです。
皮を剥くとボロボロと粉が落ちて、いまいましいヒラタキクイムシが
へばりついています。
もう少し皮むきのタイミングが遅かったら、木が穴ぼこだらけに
されるところでした。
これで明日から材料のことを気にせずに仕事がやれそうです。

トラックバック

http://kagutrunk.blog17.fc2.com/tb.php/240-4102d09b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

トランクの主

Author:トランクの主
家具工房トランクの主宰者です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。