ノコギリ屋根の工房で家具作りの日々

ここ一宮は織物が盛んな街・・・でした。 今はその名残を残すノコギリ屋根の古い建物があちらこちらに残っています。 その建物に魅せられてとうとう自分の工房を作ってしまいました。 さてその中ではどんな物語が・・・・・

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリの座卓

お客さんに頼まれたパンフレットを作成するために、
工房のパソコンを使って作っていたところ、
いきなり画面が真っ黒になったと思ったら、
デジカメのソフトがダウンし、
入れておいた数年分のデータがすべてぶっ飛んでしまいました。
まさかこんなことになるとは思っていなかったので、
今日は滅茶苦茶凹んでます・・・・

京都のお客さんからオーダーされていた座卓がようやく完成。
最近ではめずらしい巾700mm超、長さ1500mm、厚さ60mmの立派な
クリの一枚板です。
クリ座卓

こんな材料はウン十万円も出せば銘木店で簡単に手に入るでしょう。
しかし、この材料は苦労して格安で仕入れた、価値のある一品です。
苦労して仕入れたからこそ、仕上がった時の感動も倍増します。

工房にはまだまだめずらしい一枚板、立派な一枚板が、
仕上がる時を待っています。

トラックバック

http://kagutrunk.blog17.fc2.com/tb.php/226-a888ecf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

トランクの主

Author:トランクの主
家具工房トランクの主宰者です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。